2012年12月01日

ADSLモデムとパソコンとの接続




電話回線がそのまま使える!短期間の利用も可能!引越が多い方にもおすすめ!

今回はADSLモデムとパソコンとの接続について説明します。

モデムとは、通信に必要なデータを音声に変換して、
電話回線での通信を可能にする装置のことです。


モデムは購入することも、NTTからレンタルすることも可能です。
購入される場合、比較的リーズナブルなADSLモデム-MS5がおすすめです。
ルーターに接続しての利用がカンタンなのが特徴です。

難しそうとか、面倒そうと感じる方も多いと思いますが、
実はすごくカンタンにできてしまいます。

接続できるまでサポートして欲しい方は、リモートサポートサービスがおすすめです。
リモートサポートサービスはNTTが公式に提供するオプションです。
フレッツADSLやフレッツ光の加入後でも申込が可能です。
月額525円ですが、必要な期間(1ヶ月のみも可能)のみ利用でき、
365日年中無休で午後9時までパソコンやネットに関することを相談できます。

接続方法について電話線側から解説していきます。
@NTTの電話接続口(モジュラー)とスプリッタをつなぐ

 スプリッタとは、電話とネットを同時に使うための装置です。
Aスプリッタと電話機を接続する
 この手順で今まで使っている電話機をそのまま使うことが可能になります。
Bスプリッタとモデムを接続する インターネットの世界まであと少しです。
Cモデムとパソコンを接続する
 パソコン側の設定が完了すれば、ハイスピードなADSLを楽しむことができます。

ここから慣れていない方には少し難しくなってしまいますが、
Cの手順でルーターに接続すれば、無線や有線で複数台のパソコンの接続や
 無線(WiFi)でタブレッド端末やスマホ、ゲームが接続可能になります。
 また、対応プロバイダでの契約が必要ですが、VoIPルーターに接続すれば、
 マイラインよりも更に安く国内・国際電話の利用が可能になります。


 ネットナビのキャンペーンで申込可能なBB.exciteの対応プラン(BB.exciteフォン)
 は日本国内およびアメリカ本土へ3分7.875円で通話が可能です。
 プロバイダ料金も525円(1Mのエントリーなら315円)と業界最安値です。





※2012年12月1日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。
posted by 地方や田舎でも使えるブロードバンド at 11:30| ブロードバンド

2012年11月04日

フレッツADSLの料金プラン




プロバイダや速度も選べる!短期間の利用も可能!引越が多い方にもおすすめ!

フレッツADSLの料金プランについて紹介します。

タイプ1=電話共用型(既存の電話回線を利用する場合や、電話・FAXが必要な場合)
タイプ2=ADSL専用型(電話・FAXが必要ない場合)

固定回線の基本料金を含めてもタイプ1の方がお得な場合が多いです。
タイプ2の場合、マイライン割引などが利用できないので、割高になることが多いです。

固定の番号があれば、融資の申込や転職活動などで加点要素になることが多いので、
ネットの申し込みをきっかけにチャンスを掴めるかもしれません。

プランはNTT東日本・NTT西日本それぞれ6つずつあります。
基本的には月額料金に大差が無いので、
お住まいの地域で選択できる最速のプランを選択されることをおすすめします。
また、東日本のエントリープランは1Mbpsまでですが、
他のプランより1000円近く安く、料金面でもメリットが大きいです。
ページ下部にタイプ1の割引適用前の料金を記載します。





NTT東日本のプラン(速度)月額料金NTT西日本のプラン(速度)月額料金
モアV(47Mbps)2940円モアスペシャル(44〜47Mbps)3129円
モアU(40Mbps)2887.5円モア40(40Mbps)3129円
モア(12Mbps)2835円モア24(40Mbps)3097.5円
8Mタイプ(8Mbps)2782.5円モア(12Mbps)2940円
1.5Mタイプ(1.5Mbps)2730円8Mタイプ(8Mbps)2940円
エントリー(1Mbps)1890円1.5Mタイプ(1.5Mbps)2835円

表記はベストエフォート(規格上の最大速度)となりますが、
固定回線なので、安定した高速通信を期待できます。
マイラインプラスをセットすれば上記金額から10%割引になります。
お仕事でのご利用はもちろん、地方にいながら、
オンラインゲームや動画再生を快適に楽しむことが可能になります。






※2012年9月23日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。
posted by 地方や田舎でも使えるブロードバンド at 21:45| ブロードバンド

2012年10月06日

フレッツADSLで最大3万円キャッシュバック




電話回線がそのまま使える!短期間の利用も可能!引越が多い方にもおすすめ!

フレッツADSLと代理店のネットナビが提供するキャンペーンを紹介します。
ネットナビのキャンペーン→【フレッツADSL】全国どこからでもカンタンお申し込み!


ADSLとは非対称デジタル加入者線の略称で、
光回線やケーブルテレビなどとは違い、
一般の電話線で高速インターネット接続を可能にする技術です。
既にNTTの電話回線を利用している場合、
在宅工事が必要ない(NTT局内のみの工事)場合も多い
です。

フレッツADSLはNTTが提供するサービスで、
電話回線をお持ちの方も、ネット回線だけ欲しい方にも
お申し込み頂けるサービスで、提供エリアが最も広いADSLです。

30000円キャッシュバックの条件は下記になります。
フレッツADSL(ネット接続に必要)
当社指定プロバイダ(ネット接続に必要/BB,exciteなら月額525円)
無線LANレンタル(複数PCやスマホやゲーム機の接続が可能になる)
モデム買取(ネット接続に必要。レンタルだと月額500円強の為、
        10000円前後なら購入した方がお得な場合が多い)

ADSLモデムとルーターと既にお持ちの方(以前利用していた方)も
フレッツADSLと指定プロバイダの加入だけで
5000円キャッシュバック
となるので、大変お得です。

電話共用型でマイラインプラスの「市内通話」と「同一県内市外通話」を
NTT東日本、又はNTT西日本に登録すると月額利用料を10%割引

ご自宅などで2年間の継続利用が可能な場合は、月額利用料を更に10%割引
となり、フレッツADSL月額利用料の部分が最大20%割引となります。


エリアが広いことと、NTTの安心感があることがフレッツADSLの魅力です。
都市部にお住みの方にも地方では選択肢が少なく、
料金が安くないということを知って頂ければ幸いです。





※2012年10月6日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。
posted by 地方や田舎でも使えるブロードバンド at 21:00| ブロードバンド

2012年09月08日

月額1980円で人口カバー率100%のwifiルーター





通信各社が提供するWiFiルーターを紹介します。

ブロードバンドの選択肢は大きく分けて固定回線とモバイル回線があり、
自宅以外でもメールや仕事先のホームページのチェックやなどネットを
使う機会が多い方にはモバイル回線をおすすめします。

高機能な2つ折りケータイやスマートフォンの普及で、
上記の事は比較的簡単に行えるようになりましたが、
料金やエリア・通信速度の面で気になる点も多いと思います。

モバイル回線(WiFiルーター)をうまく使えば、これらの問題を解決でき、
更に通信費を大幅に抑えることが可能になります。

悩み別におすすめのモバイル回線を紹介していきます。

@使えるエリアが少ない・地方への出張が多い
全国のWiMAX+auエリアでネットがつながる。最強のWiMAX Speed Wi-Fi!

 がおすすめです。(UQコミュニケーションズが提供)
 WiMAXエリア外でもauの3G回線でネット利用可能です。
 月額4,405円(プロバイダ料525円含む)


Aとにかく速い回線が欲しい
イーモバイルLTEなら下り最大75Mbpsの高速通信(月2480円のセール中)

 対応エリアでは、下り最大75Mbpsの高速通信を実現し、
 上りも最大25Mbpsなのでオンラインゲームにも適しています。
 機器代・初月料金が無料でクレジットカードがなくても契約可能です。
 LTEエリア外でもカバー率94%、最大42Mbpsの4Gで通信可能です。月額3880円


B毎月の料金を抑えたい
→ドコモ回線を利用したBIGLOBE LTE・3G

 人口カバー率100%(公称値)でドコモのケータイがつながる場所なら
 どこでも利用可能なので安心して使えます。月額1980円


C仕事や動画再生で大容量のデータをやりとりする
【So-net モバイル WiMAX 2+】
ノーリミットモード対応のW01なら、
通信量による速度制限がなく、快適に使えます。
さらに27,000円キャッシュバック!(2015年11月現在)!


スマートフォンのネット+パケット通信料は6000円くらいなので、
WiFi接続にすればどの回線を選んでも通信費の節約が可能
になります。

ドコモの回線は帯域制限が厳しいので、自宅回線の代替にすることは
おすすめできませんが、WiMAXやイーモバイルにまとめれば通信費の大幅な節約が
可能
です。最適なプランを選ぶ参考にして頂ければ幸いです。





※2012年9月8日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。
posted by 地方や田舎でも使えるブロードバンド at 21:31| モバイル回線

2012年08月05日

フレッツADSLのプロバイダ





フレッツADSLのプロバイダについて紹介します。
フレッツ光を利用できる地域の方は、上記キャンペーンで選択可能な
SkyLinkを選ぶと、無線LANルーターと訪問設定が無料になり、
大変お得なので、初心者の方も上級者の方もおすすめです。

フレッツADSLを申込する場合にオススメなのが、
BB.excite(ビービーエキサイト)です。
月額525円(1Mのエントリープランなら月額315円)と
業界最安クラスの月額料金でフレッツADSLの回線速度を
最大限活用することができます。

プロバイダのメールアドレスが別料金(294円)になっているのが、
デメリットですが、googleが提供するgmail(ジーメール)や、
Microsoftアカウントなど無料でも優秀なメールサービスが利用できます。

仕事などでプロバイダのメールアカウントが必要な方は、
ご希望または、現在ご利用のプロバイダを最低料金のプラン
OCNバリュープラン(262円)などを契約すると利用できます。
クレジットカードをお持ちならWEB上のみで契約が完了します。
三井住友VISAカード お申込はこちら


BB.exciteのネット関係サービス
  1. BB.exciteメール
    月額294円でプロバイダメール(WEB、POP3など)が利用できる

  2. BB.exciteフォン
    VoIPルーターをお持ちなら、固定電話(日本・アメリカ)へ3分7.875円、
    携帯電話へ1分17.85円で通話可能になります。(月額約294円)

  3. 固定IPサービス
    会社やご自宅のパソコンをサーバーとして利用したい方向け(月額2625円〜)

  4. パソコンお助けサポート
    電話サポート(365日年中無休午前から午後9時まで受付)、
    リモートサポート(オペレータがパソコンを遠隔操作して対応してくれます)
    加入していると訪問サポートが10%割引になります(月額315円)

  5. 訪問サポートサービス
    早ければ当日、基本的に48時間以内に対応可能です。
    料金は高めですが、緊急の時に頼りになります。


プロバイダをBB.exciteにすれば、節約しながらネットを楽しむことができます。





※2013年1月14日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。
posted by 地方や田舎でも使えるブロードバンド at 19:30| プロバイダ